カープっ娘TVは復活しないのかしらん?


今日もカープのお話。
興味ない人は、心霊写真を楽しんで帰ってね。
写真は呪いのネコ。
何故か上手く写真に写らない恐ろしいネコです。
今日は投手陣のお話。
以下敬称略。

鯉 勝利の方程式はKY日替わり守護神


私はWストッパー構想には反対。
守護神は固定するべき。
急速の無いコズロースキーは右打者に対して怖いと言うのは分かりますが、横山は左打者に対しても成績は安定しています。
横山固定じゃ駄目なんですかね?
永川が帰ってきたらトリプルストッパーという話もありますが、うーん・・・。
ストッパーの固定というのは、試行錯誤の末辿り着いた野球界の方針というか、何というか。
調子の良い人間をその時その時抑えに回す、と言うやり方でもいい気がしますが、メジャーで大失敗したチームがありましたよね?(レッドソックスだっけ?)
投手の調整、全体の安心感等、色々あるんでしょうね。
さて、昨日の試合が雨で流れたので、順位、成績は昨日と変わらず。
4月10現在、チーム防御率は2.54で3位。
中継ぎ以降の成績は、21イニング連続無失点中で、防御率が確か1点切ってます。(0.67だっけ?)
先発も頑張っていますが、中継ぎ陣の踏ん張りに寄るところが大きいのではないでしょうか?
ただこれは、先発陣が点を取られながらも長いイニングを投げている為に、中継ぎ陣の負担が減っていると言うのもあると思います。
去年は、先発が5回までがやっと、と言う試合が多かった気がします。結局そのまま中継ぎも崩壊してしまいました。
今年は、このまま頑張って欲しいです。
下には、青木勇もいるし、調子が悪い人間を入れ替えながら何とか凌げるのではないでしょうか?
最終的には、永川がどうなるか、と言うのにかかっている気もしますが。
えー、一般的に日本の野球は先発投手は中5日、先発6人ぐらいで回していくのが一般的です。
メジャーは100球程度の球数制限で、中4日が一般的らしいですが、日本は100~120球、いけるならもっと、と言う感じで引っ張って、その分休養が多いです。
この辺の違いは何でか知りません。
野球観の違いと、単純な日程の問題かな?
中5日というのは、1回投げたら5日休んでまた登板、と言うサイクル。
間の5日で投げる人がそれぞれいるので、全部で先発6人です。
3連戦アタマの金曜日に投げたら、土、日、月、火、水、と休んで木曜登板。
ただこの場合だと月曜が移動日なので、先発は全部で5人いれば良いことになりますね。
6人目の先発は、ロングリリーフと、スケジュール的に人がいなくなったときの谷間の先発兼任、という感じでしょうか?
先発6人の能力を、A、A、B、B、C、C、の6人と表すと。(勿論Aが能力の高い投手)
1カード目の3連戦をAAB、2カード目をBCCというローテーションで戦うことになります。
戦力均衡の為に、ABC、ABCと均等に割り振った方が戦略が立てやすそうですが、「良いピッチャーをなるべく沢山登板させる為」になるべくエース級の投手から出していきます。
この、AABの方が俗に言われる「表ローテ」、BCCの方が「裏ローテ」というやつです。
広島でいうと、表が、大竹、ルイス、長谷川。
裏が、高橋、宮崎、マエケンです。
表は結構計算出来る3人だと思います。
失点3ながら、エラー絡みなので自責は1。防御率0.56の大竹。(でも未勝利)
ボーク癖を克服、鬼ピッチングを披露したルイス。
この二人でもう、黒田の穴は埋まったと思います。(まあ、それほどに去年の投手陣は層が薄かった。大竹もピリッとしなかったしね。)
あとは、昨年後半から安定した長谷川。今期も多少点を取られても試合を作っています。
そして、年の割に適応力がある宮崎。縦の変化球を覚えろといわれたらあっという間に覚えたり、そこそこ長く投げられるので黒星が多少付いてもイニングイーターになってくれれば良いのではないでしょうか?
問題は、高橋、マエケン。
特に、オープン戦からこっち、イマイチ安定しない高橋が不安。
今回も雨で流れたので、次回の登板は中10日。これがどう出るか・・・。
あとは、未知数のマエケン。出来れば、ローテ6枚目は建さんにしてマエケンを見てみたいですが。
まあ、先発も青木高がまだいますし、層も厚くなったのではないでしょうか?
青木高は意外に早い回の失点が多かったので、中継ぎ向きではないと思うのですが。(先発でも引っ張ると途中で息切れしてたけど)
それと、下で素晴らしい成績を残している大島。
やっと分かってくれたんでしょうか?
防御率は0.00、奪三振も和田に次いで2位です。
ちょっと期待してしますね。
中継ぎ陣はこれまでに無く大混戦。
2年連続で50試合以上登板している林でさえ、「開幕1軍居残れて良かった。」とコメントした程の激しい争いでした。
今年のポイントは、去年途中で息切れした梅津が踏ん張れるか、新加入の岸本、この二人じゃないでしょうか?
後ろはコズと横山でそこそこ安定してきたので、ここ数年で考えるとかなり戦力は揃ってきたと思います。
去年は交流戦前に5割復帰しましたが、投手陣も野手陣もアップアップで結局沈んでいきました。
先発、中継ぎ、外野、ある程度揃ってきてるので上手くやりくりして欲しいです。
3位狙いなら何とかいけるんじゃないでしょうか・・・?(切ない話ですが)
長期的な視点で見ると、ポイントはシーボルと永川かなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。