無人島に持って行きたいこの1枚、という程ではないんだけど、レンタル屋さんとかで100円キャンペーンとかやってたら聞いてみて欲しいこの1枚


昔からよくある定番の質問の一つに、「無人島に一つだけ持っていくとしたら何?」という質問がある。
最近聞いた事無いけど。
割と有名な答えとして、電車マニアの人だったら「時刻表」。
これ1冊あったらずーっと暇潰し出来るらしい。
俺は思いつかんなぁ・・・。
強いて挙げるなら、衛星経由で繋がるネット端末かなぁ。
反則だろうけど。
で、更に定番系で「無人島に1枚だけ持って行くならどのアルバム?」というのがある。
今回は、僕が個人的にお勧めする素敵なアルバム紹介エントリ。
けど好みとか色々あるし、せっかく買ったのになんじゃこりゃ、とか思われても困るので、「レンタル屋さんとかで100円キャンペーンとかやってたら聞いてみて欲しいこの1枚」というやや弱気なテーマ。
メジャーどころなんて今更俺が紹介しなくても他にいくらでもあるので、ややマニアックなアルバム達を。
なので自然、レンタル屋に無いアルバムが多くなる気がしますが・・・。


○RADWIMPS
いきなりメジャーどころじゃねぇか、このトンカツミサイル!
と罵倒されても仕方ないスタートですが、まあ、ギリギリ世間の認知度からいってマイナーという事にしといて下さい。
レンタル屋でもほとんどの店舗で単独特集コーナーがあるので、全くマイナーではありませんが。
最近一番好きなバンド、RADWIMPS。
ジャンルとしては何?ロック?
何か全く紹介になってないけど。
スピッツ、GOING UNDER GROUND、辺りの流れをくむ感じになるのかな?BUMP辺りが近いのかな?
特徴としては、一環としてテーマが愛。
恋愛の歌って世の中には、別れとか悲しい歌が多い気がするけど、RADは全部前向き。
「愛、恋、生、命、君と僕、二人で、運命、世界、神様、僕らの子供、二人で歳を取っても、君のために、精子」とか、キーワード的にはそんなのが多い。
人を好きになる事、生きていく事。
非常に前向きな恋愛の歌が多くて、下ネタとかもちょろちょろ入れてきたりするけど、上手く消化してると思う。
とても青臭いんだけど上手い事生姜を乗っけてるというかワサビ乗っけてるというか、自分たちの味として表現出来てる。
特に歌詞のセンスが好き。
全てのアルバムがお勧めだけど、解りやすいのは3、4、5枚目かな。(メジャー1、2、3枚目)
25コ目の染色体
最大公約数
ふたりごと
有心論
One man live
オーダーメイド
辺りはかなりの名曲だと思う。
とりあえず聞いてみるなら一番新しい、「アルトコロニーの定理」かな。
「RADWIMPS 4ーおかずのごはんー」の「有神論」も是非聞いてみて欲しいけど。
とにかく、「僕が君をどれだけ好きか」、という思いを様々なアプローチで展開する歌詞。
ラップとかも取り入れてるけど、全くミクスチャ系ではない。
オーダーメイドなんかは、どこかであるような世界観なんだけど、独自に展開される温かいセンス、ほんと名曲。
あと、「遠恋」の歌詞は凄く良いと思う。
恋愛の歌でこういう歌詞はなかなか作れないと思う。
小説版、「海がきこえる」みたいな気持ちになるバンド。
または、痴漢男の痴漢と関西を思い出します。
世の中の恋に疲れたOLは、手癖と広告戦略で作られるよくある恋愛ソングなんかより、RADを聞くべし。
ほんで好きな男にアルバム貸して、カラオケで歌ってもらえ。
○GOING UNDER GROUND
またメジャーじゃねぇか!この東村山みたいな微妙なポジション野郎! とか、言わないの~。
好きだからここは勘弁。
ベストも出てるし、まあ完全メジャー。
(メジャー)1枚目からレンタル屋に入荷してたし。
個人的には1枚目の「かよわきエナジー」。
タイトルが良いね。
「グラフティー」が抜群に良い。
「センチメント・エキスプレス」、「アロー」、名曲。
「アロー」はGOINGで一番好きな曲。
あとは、「ハートビート」の「トワイライト」も凄く好き。映画の1シーンが浮かぶ。
かよわきエナジー
さえないブルー
ビターズ
流線形
夜の宝石
TENDER
カウボーイによろしく
モンスター
など、シングル以外にも好きな曲が多くて、まあ、なんだ。
好き。
RADと同じく、前向きな恋愛の歌が多い。
RADよりやや叙情的で詩的かも。
でも、RADよりソフトで解りやすい。
全くの個人的感想だけど。
ボーカルの声質とビジュアルのギャップにビックリ。
何かイメージ的に、羽海野チカさんの漫画が合うような感じかなぁ・・・
○WRONG SCALE 「Upstairs for the bed」
こっからマニアックに。
僕の好きなインディーズっぽいバンド。
メロディアスで、ハードでは無いが結構なロック。陳腐な表現だけど。
どのアルバムでも良いけど、初めて聴いたアルバム「Upstairs for the bed」を勧めておく。
「やりたいように自分たちのやりたい感じでやったらこうなった」っていう感じの、そういうのが僕の好きなタイプのバンド。
レンタル屋に無い事請け合い。
残念ながら解散。
○ストレイテナー(STRAIGHTENER) 「Dear Deadman」
品揃えが良い店ならあると思う。
これも僕の思う、インディーズっぽいインディーズバンド。
いや、メジャーデビューしてるけど。
やよぷのアカウントでmixiラジオ聞いてたら流れてきた、「Discography 」。
これが入ってるからこのアルバム。
ちょーかっちょえー。
しらねーよ、何そのバンド、という人に豆知識。
Perfumeの、のっちと熱愛を報道されたのが、このバンドのボーカル。
○Lost In Time  「きのうのこと」
持ってないアルバムだけど。
「列車」という曲を聴いて欲しい。
僕はシングルの方で持ってる。
シングルで「群青」を聞いた方が早いのかも。
ややダウナー。
激しくないロック。
くるりの一時期とかに似てるかなぁ。激しくないアジカンというか。
全体的に切ない曲が多い。
弱ってるとき聞くと駄目かも。
レンタルにはない。多分。
○GITANE 「GITANE」
何か廃盤になってるっぽい。
俗に言うドリカム編成。ボーカル:女、ギター:男、ベース:男。
これは売れる、と思ったのだが、全く音沙汰無く消えていった。
でも、曲はかっこいいと思う。
何かのテレビで使われてた、「DAMAGE」という曲がかっこいい。
レンタルはおろか、手に入れる事すら困難だと思うので、そのうちYouTubuとかに上げてみようかな。
と思ったらあるね。
http://www.youtube.com/watch?v=y9o5KMVNxvE
http://www.youtube.com/watch?v=xFhaXRFm7Gc
2枚目、3枚目のアルバム聞きたいけど、中古探すしかないのか・・・
○GRAPEVINE 「Lifetime」
まあ、メジャーだよね。
僕のメジャーのラインはこの辺。
VINEはメジャー。
ラインがもっと下の人は、音楽好き。
1枚目も好きだけど、判り易さから2枚目。
とにかく歌詞に奥行きがある。
詩。
詩的と言うより詩。
GOING、RADと違ってダウナー系の歌詞が多い。
売れ始めた頃「うたばん」で、
「初めての武道館ワンマンライブ、さあ、最初の一言は?」
という質問に、
「こんばんは、GRAPEVINEです。」
と答えていたのが印象的。
リーダーでベースの西原さんが脱退してるのが残念。
腱鞘炎か何かの治療だったはず。
このバンドはみんな曲が書けるのが凄い。
特にドラムの亀井さんの曲は名曲が多い気がする。
ドラムの人が作曲するってかなり珍しいと思う。
○TRICERATOPS 「THE GREAT SKELETON’S MUSIC GUIDE BOOK」
やっぱりメジャー。
そして僕の好きなスリーピース。
ドリカム編成ではなく、V(G)、B、D。
V(B)、G、Dも好きだけど。
みんながスリーピースというと思い浮かべるのは何?
スーツ?
僕はNIRVANA。
ボーカルの和田さんの両親は和田誠と平野レミ。
あんなぶっ飛んだお母さんからこんなちゃんとした人が、と思うけど、結構表に出さないので知らない人も結構いたり。
僕は初期~中期が好きという顕著な傾向があって、メジャーデビュー前の青臭さとメジャーで垢抜ける狭間、みたいな感じが好きらしい。
割と初期の名曲、「FEVER」、「GOTHIC RING」を聞いて欲しい。
○小島真由美 「me and my monkey on the moon ~single collection and unreleased tracks」
邦楽は男性ボーカル曲の方が圧倒的に聞く量は多いけど、結構好きな小島真由美。
ベスト盤は嫌いなんだけど、最初に聞いたのがこれなのでベストをお勧め。
メジャーかマイナーか迷うところだけど、VINEをメジャーラインとするとマイナーか?
ブルース、ジャズ、を基調とした昭和歌謡風というか。
ちょっと、EGO-WRAPPIN’を思い出すけど、まあ、ちょっと違う。
歌詞が何かひねくれてて、独特の世界観。
世界を斜めに観察しながら、アップ系。
「あの娘の彼」という曲が好き。
詩的でも何でもないんだけど、とにかく曲も詩も独特のセンス。
レンタル屋さんにある確率は50%ぐらい?
○小谷美佐子 「Quarternote~THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2000」「i」
ベスト嫌いのくせにまたベスト。
1枚目のベスト。
これも独特の詩の世界観。
僕はほとんど詩が頭に入ってこないのに、詩が個性的な人が好きなんだな・・・。
書いてて気付いた。
歌詞カードとか見ないから、20年歌詞を勘違いしたままとかあるんだけど。
全然聞き取らないし。
世の中をやや斜めに見据えたダウン系。この人も歌詞がひねくれてる。
ピアノが滅茶苦茶上手い。
「The Stone」を是非聞いて欲しい。
やよぷ曰く、「こんなにお互い好きなのに、愛し合うが故に、地球上で唯一結ばれないと決まった二人。凄くね?」
だそうだ。
「rain」のピアノに酔いしれて、「火の川」でなんかこう何かを受け取れ。
火の川の出だしの歌詞は抜群に秀逸だそうだ、やよぷ曰く。
途中から何か普通になっちゃうけど。
青木さやかがロンブーの番組で歌ってたね。
あなたと同じ墓に入りたい、っていうやつ。
「エリート通り」も聞いて欲しいので、「i」もお勧め。
レンタル遭遇率は30%切ると思う。
俺判断ライン下、マイナー。
○コンタクト 「君の夢を見たんだ」
レンタル屋をうろうろ。
好きそうなジャケを見付けてジャケ借り。
スピッツ、フジファブリック、サカナクション系列?キセルとか。
なんつーか、儚いインディース系というか。
Amazonレビューで秀逸な表現を見付けたので、お借りします。
「コンタクトのように青い月と鳥のいない鳥籠が似合うアーティストはなかなかいない気がします。」
言い得て妙。
でも、東京エスムジカみたいな方向性ではないよ?
Amazonで試聴出来るので是非。
とても好きな1枚。
昔レンタル屋で借りたのに、今同じ店舗に存在しない。
レンタル遭遇率激低。
○Spiral Life 「Freaks Of Go Go Spectators2 -SELL OUT-」
とても好きなアーティスト、Spiral Life。
かなり歳取った人ならBAKUというバンドを知ってるかもしれないけど、そこのギタリストで後にAirをやってた車谷さんと、石田さんのユニット。
石田さんって誰?という人に、後のScudelia Electroとか言っても余計混乱。
この辺まで頑張って読んだ人は分かってきたと思うけど、こんな感じの音楽大好き。
ベストでも良いんだけど、「Love & Hate」が大好きなのでこっちのアルバム。
再結成して欲しいバンドNO.1だけど、若い時じゃないともうこれって出来ないんだろうな、と思って再結成して欲しくなかったり。
シングルバージョンの「Love & Hate」も聞きたいけど、手に入らない。
iTunesストアとかかな・・。
どんな感じの曲って上手く説明出来ないけど、儚いふわふわした淡いハーモニー。
なんじゃそら。
「RASPBERRY BELLE」という曲も凄く良い。
とにかく二人のハモりが素敵。
Airも好きです。
○マキタ学級 「マキタスポーツの金儲け」
エントリのタイトルに真っ向刃向かうけど、レンタル出来ません。
インディーズ販売のみ。
今はオフィシャルサイトから直通販か、iTunesストアでしか買えないんじゃないかな?
マキタスポーツという人を知ってる人は分かると思うけど、この人は歌ネタ物真似が上手い芸人さん。
あまりに上手くて売れない、というもっぱらの評判。
ミスチルがトイレの歌を歌ったら、エレカシが、民生が、というネタでほんとにそんな歌作りそう、という歌をどんどん歌えます。
その能力をフルに生かしたのがこのアルバム。
ああ、この曲は誰々風だな、とか思うんだけど、良くできるとかどうとかじゃなくて魂の叫びを感じる。
売れてー、金欲し-、という。
最後のLOVESONG
NEWS
アンチ・POP・スター
オレの歌
良い曲。
「お母さん」、は良い曲過ぎて僕には無理でした。
銀杏の峯田さんと、水道橋博士の紹介を引用。
『■ムリヤリ泣かせる映画なんて観たくねえ。感動を強制するような音楽なんて消えちまえ。
「なんか知らないけど泣いちゃう」。僕はそんなのが欲しいんだ。
マキタさん、本気の涙と笑いをありがとう。
銀杏BOYZ・峯田和伸
■マキタはまだ思春期のただなかにいる。『オレの歌』は”三十代”の男が唄う、まるでハイローズの”十四才”だ。
そして『オレの歌』を聴くと想い出す歌がある。泉谷しげるの「翼なき野郎ども」だ。そういえばマキタも最近ビジュアル面が泉谷風だ。
鬱屈とした青春を味わいし者に『オレの歌』は届く。甲本ヒロトはビートルズに、俺はビートたけしに初期衝動を受けた。『オレの歌』にはそういう力がある。
浅草キッド・水道橋博士 』
だけど、ブログの赤裸々話はぶっ飛びすぎてて引く。
○安藤裕子 「Merry Andrew」
「のうぜんかつら」、という曲がCMで使われていて、何処かで聞いた事があるな、と思うはず。
分からなかったら試聴して欲しい。
この曲は、自分のおじいさんおばあさんが元になった曲だそうで、そう思って聞くとより味わい深い。
やよぷ号泣。
他の曲もいろんな曲調があって、懐の深さを感じさせる。
女優やってたり、モデルみたいな事もやってたような?
才能多彩、嫉妬。
レンタル屋は・・・、どうだろ?
あるのかな?
そこそこメジャーだと思うけど。
○ハシケン 「感謝」
廃盤かと思ったら、普通に買えるね。
レンタル遭遇率は0。
スタイルはギター弾き語り。
琉球系の音を取り入れていると思う。
聞きようによってはウクレレに聞こえたり。
歌い上げるけど、癒し系。
疲れたOL、あなたあなた。是非。
何か疲れたOLにやたら気を遣ってるけど。
「凛-りん-」 、「感謝」は必聴。
結婚式とかで歌うとかっこよさそう。
「凛-りん- 」、「感謝」はYouTubeにないな・・・。
○マキシマムザホルモン(MAXIMUM THE HORMONE) 「ぶっ生き返す」
突然メジャーが出てきたけど、まあまあ世間的には知らない人もいるかな、と。
アニメのデスノートで曲が使われてた。
この人達の凄いところは、英語歌詞かと思わせる日本語。
何というか空耳系ではなく(聖饑魔Ⅱの「不思議な第三惑星」的なものではなく)、かなり独特の歌詞と歌い回しと高速なサウンドで押し切る感じ。
是非歌詞を確認しながら聞いて欲しい。
メンバー全員がこの歌い方でコーラス出来るのが凄いと思う。
他にフォロワーがいないタイプの唯一無二の歌唱。
こういうのは、ものを作る人としては強み。
ジャンルとしては、ハードロック・・・、ミクスチャ系かな?
とにかく速めでやかましい。
○ブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES) 「EXPOSED」
最近人に借りた。
ちょーかっちょえー。
系統としては・・・、何?
wikiには、ビッグ・ビートって書いてあるけど何それ?
とにかくケミカルブラザーズみたいな感じか?
あ、ケミカルが作ったジャンルがビッグ・ビートなのか・・・。
最近のRadioHeadにもっとバンド要素を足した感じというか・・・。
とにかくかっこいいです。
ヘッドホン推奨。
何故このアルバムを薦めるかというと、これを聴いてるから。
○DOPING PANDA 「PINK PaNK」
インディーズ時代のアルバムらしいので手に入りにくいかもしれませんが、このアルバム好き。
このバンドも最近人に借りた。
スゲー好き。
多分代名詞的な曲(ライブだと盛り上がるらしい、古い曲だし)、「Transient Happiness」 が、最高にかっこいい。
このアルバム手に入らないとしても、他のアルバムも是非聞いて欲しい。
ジャンルは何?ロック?典型スリーピースロックに、デジタルサウンドを乗っけた感じ?
Hi-STANDARDの系譜になるのかな?
ポップなロック。うわ、これまた陳腐な表現。
勝手にこういう流れを作られるのはアーティストって嫌がりそうだけど。
僕の思う、インディーズらしいインディーズバンドというやつ。
まあ、この人達もメジャーだけど。
演奏も抜群に上手い。
YouTubeとか見るとベースすげー。
あと、バンド名も良いよね。
○ELLEGARDEN 「ELEVEN FIRE CRACKERS」
世間的認知度は低めかもしれませんが、メジャー分類だよね?
いや、認知度高い??
とにかくかっこいい。
ジャンルはロックとしか言えん。
「Space Sonic」が滅茶苦茶かっこいい。
昔日記で、「店舗の有線でかっこいい曲がかかった。VINEの新曲?」とかそんな事書いた気がするけど、それがこれ。
残念ながら活動休止。
レンタル屋はどうだろ?
あると思うんだけど。
○MEW 「Frengers」
ここから洋楽。
ケーブルに入ってた時期にMTV見てたらよく流れてた。
割と静かな系統のロック。
ロックなんだけど、enyaとかたまに連想してしまう。
Spiralとかに似た感じなのかな?
試聴とかしてみて欲しい。
凄く良いアルバム。
○Phoenix 「Wolfgang Amadeus Phoenix」
日本人好みだと思うんだけど。
もうちっと名前を聞いても良いのでは?
ロック。
速くはない。
それ以上表現出来ないけど良いと思う。
レンタルあるかな?
ありそうな気もする。
○Wagner Love 「ワーグナー・ラヴ白書(EVERYTHING ABOUT)」
何をどう思ったのか知らないが、なんだかへっぽこな邦題をつけられてしまったアルバム。
そういえば昔は、映画も音楽も訳の分からない邦題つける風習があったみたいですね。
えー、特筆出来ないのですが、ロックです。
素敵だと思います。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。