ピストで良く言われるフライホイール効果云々について

ちょこちょこピストで外を走りまくったりしているのですが、なんとなく思った事を記しましょう。
ましょう。
ネット読んでると良く出くわすピスト推進派の、「固定ギアならではのフライホイール効果による自分の足が回る感覚」ってやつ。
あれは幻想な気がします。
僕はピスト大好き派閥ですが。


フライホイールっつー感覚は、自分の足の回転より速い駆動が、足に伝わってくるかどうか、って事だと思うんですよね。(正確にはフライホイール効果って違うぜ、ってのも分かってての話なんですけど)
フリーのギアだと伝わってこない。
つーことはそれが推進力になってる。
固定は足に伝わってくる、ってのは、それはエンジンブレーキです。
足を回す力として、推進力が幾分削られています。
でもまあ。
チャリが自分の足を回す、っていう感覚は確かにあって、それがエンジンブレーキになってるとしても、その感じも面白いです。
とにかくダイレクト感がやみつきw
自転車の根原的な面白さだと思う。
街乗りは断然固定が良いと思います。
ストープ&ゴーが繰り返されるので、ピストはそこに向いてる。
ギア付きは信号にかかる度に一番下まで落として…、漕ぎながら上げていく、っていう繰り返しで。
たまにめんどくさくなって上の方のギアのままこぎ出そうとすると、しんどいのよね…。
ピストは全然回せる。
登りも平気。(本気で峠とか登ると死ぬ。がっつりギアついたロードが上がってくのを横目で見ながら涙目)
必要最低限なので軽い、ディレイラー無い分力のロスが無く伝わる、チェーンが短いので力のロスが無い感じ、固定は後ろにも踏めるので超低速にも強くて街乗り、お散歩にとても良い。
自分の体の一部の様な楽しさ。
広島市南区のゆめタウン裏の川沿い(京橋川?)にいい具合のサイクリングロードがあって、宇品の海を見に行ってみたりとかしてるんですけど。
このぐらいが程良い距離。
自宅から往復15キロ無いぐらい。
もうちょっと走りたいなー、ってぐらいではありますが。
川沿いをぼーっ、と走るのめっちゃ楽しい。
逆にロングライドは向いてないですねー。
広島から可部まで太田川沿いのサイクリングロードを走ってみたんですが、高速はやっぱり疲れる。(往復で40キロ越えるぐらい。人生で一番遠乗りかな??)
つーか体力的に回せないから、あんまトップスピード出せない。
ピストで回してると体力奪われる。この辺はギア付きがやっぱ楽だった。
暑さにやられて初挑戦は安芸矢口なる駅で引き返したんですが(この時往復25キロぐらい)、とにかく調子に乗って回しちゃ駄目ね。
一定のペースで回すのが大事だと思いました。
次回は太田川沿いのサイクリングロードについて書きます。
しかしほんまに、急激に突然なんかにハマるな。
B型っぽいねー。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。