久々に配列の話をしましょうか


久々に配列の話をしましょうか。


物凄く久々に日本話入力の話。
現在僕は日本語入力に、漢直という入力法式を使っています。
漢字直接入力、と呼ばれるもので、その名の通り漢字を直接入力していく事が出来ます。
自分のブログを見ると2月から漢直を始めているので、飽きっぽい僕が1年以上も使い続けているわけですね。
漢字を直接入力ってどういう事? と思う人も、まあいるかもしれませんが。
以前のエントリで、タイピングカテゴリのものを読んでもらえれば。
ローマ字入力だと、「ki」と入力すると「き」と出て来ますが、同じような感じで2525文字の漢字を割り振っているのが漢直の中でもTUT-codeと呼ばれるもので、僕が愛用している方式です。
TUT-codeだと「ki」と入力すると「以」という漢字が出て来ます。
「以前」だと、「kiis」ですね。
現在ほとんど新しい漢字を覚える事が出来ていなくて、550文字程度で止まっています。
本当はもっと覚えていたはずですが、自分が覚えている漢字を管理していたファイルが飛んでしまって、良く分からなくなりました。
540文字のうち、最近は復習していないのでそこそこの数がうろ覚えになっています。
でも、日常で良く使う漢字はすぐ出て来ます。
400文字ぐらいはきちんとキープしていると思います。
漢直の良さは何より変換が必要ない事。
覚えれば覚える程快適になっていきます。
どっちかというと今の快適さは、実装しているGoogle日本語入力の学習機能のお陰ではないかと思いますが…。
500文字程度の記憶では、入力出来ない漢字が多過ぎるので、自然、仮名と漢字が混ざった状態での変換になります。
まあ、同じ事を何度も書くのもあれなので。
このぐらいで。
で、物凄く久しぶりに「新下駄配列」の事をちょっと調べたら。
新下駄配列は多分僕が一番好きな配列で日本語の入力方法なんですけど、漢直に行ってからすっかり忘れてしまったんですけど。
新下駄の本家の「ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく」の方でうちのブログがリンクされてました。
いやー、嬉しいです。
僕が作った新下駄の配列表画像のエントリに対してなんですけど。
本家の人が見てくれてるって嬉しいですよね。
そのまま自分が書いた新下駄関連のエントリ読んだり、世の中の今の新下駄情報漁ったり。
やっぱ新下駄は楽しいなー。
入力の特殊性に惹かれるのかな。
とにかく入力する事が気持ち良い入力方法、っていうのが以前使ってた時の印象。
多分入力自体のスピードは今使ってるTUT-codeの方が早い。
自分が到達したMAXスピードは。
新下駄は習熟に時間がかかるからね。
でも遊びがあるというか、楽しい。
WindowsとMacの関系のような?
分かるかな、言ってる事。
もちろん慣れると相当に入力も速くなると思うし、漢直はどうしても打鍵数が増えるから手に優しいのは新下駄だ。
新下駄はとにかくその特殊な入力感から、慣れるまで時間がかかる。
し、熟練にも時間がかかる。
でも中指シフトって世界が変わるのよね。
おもしろい。
考えている事がそのままキーボードにのっていくというか。
不思特な感覚。
まあ蜂蜜小梅にしても飛鳥にしても、一音一打鍵の入力方法ならこの感覚はあると思う。
拗音拡張があると特にこの感覚が強くなる。
漢直だと更にこの感じが強くなると思っていた。
読みとか無視してひたすら文字を直接入れていく訳なので。
考えている事がそのままというより、脳内の思考がだだもれで画面に現れていくような?
と、思っていたら全然そんな事なかった。
未だに頭の中で考えた事を頭の中で音声化していて、それを感直で入力している。
漢字は読みが変わるけど、それに対応しながら普通に文章を入力している。
一般の人が入力するよりも相当に早いと思う。
配列を新しく覚えるメリットは、キーボードを全く見なくて良くなる事だ。
カーソルやEnter、BackSpaceなど全てホームポジション周りに配置しているので全く手元を見ずに入力出来る。
以前も書いた話を繰り返しているだけで新しい情報はないけど。
言いたい事は。
また新下駄やろうかなー? って事。
昨年二月から漢直始めて飽きっぽい僕が続けてるけど。
新下駄確かに楽しいんだよね。
でもまた覚え直すのもなー。
それが楽しくもあるんだけど。
僕は配列を二つ平行で使うって絶対出来ない。
ローマ字→かな入力→Nicola→飛鳥カナ配列→新下駄配列→TUT-codeと一年半あまりで使って来て、僕は無理。
回路が混乱する。
仕事で普通のPC使う事もあるけど、ローマ字入力にかなりパニクる。
iPadminiを自宅で使っていて、そっちではずっとローマ字入力使ってるのに。
携帯はQwertyなのでそっちでもずっとローマ字なのに。
キーボードになると手かパニックを行す。
もう考えているんじゃない。
手が覚えている。
回路が出来上がっている。
自転車の運転と一緒。
楽器の演奏と一緒。
体が覚えてる。
でも過う配列を上書きすると、そっちに置き換わってしまう。
配列を二つ同時に平行で使えるか、的な実験をしている人を何人かネット上で見た事があるけど、かなりしんどそう。
ギター覚えて、ベース覚えて、ドラム覚えても。
久し振りにギター触ったって弾けるよ?
とかいう事ではなく。
ギター覚えて。
ギターに滅茶苦茶よく似ているんだけど、少しずつ弾き方が違う楽器をしばらく練習したら。
ギターに戻った時に絶対に混乱すると思う。
配列を二つ平行で使うには、定期的なメンテナンスが欠かせないらしい。
一日何分かずつ、それぞれの配列の復習(?)をする訳だ。
入力の効率化を計ってマイナな配列に走っているのに、メンテナンスで時間を取られるなんてナンセンスだ。
まあまた新下駄に戻ってみようかな、なんて言ったりする僕は、明らかに自分の楽しみとして配列道楽に走っているので、そういう無駄な時間もアリと言えばアリなのかもしれないが。
多分やる事がなくて色々配列に走っていたのがすっかり仕事で時間が潰れるようになってしまったので、興味はあれども踏み切れないような状態。
これって他の趣味と違って、始めたが最後、業務にも猛烈に影響が出る事は間違いないわけで。
踏ん切りつかないのもある。
ちょっとだけ。
久し振りに新下駄打ってみようかな…(´・ω・`)
設定は丸々残ってるわけだから。
やまぶきを立ち上げてみればいいだけだ。
…。
などと思って、ちょっとやまぶき立ち上げてみて。
「あ」から「こ」まで打ってみたけどこの絶望感…。
難しいわ。
半端ない。
良く仕事しながらこれを覚えたな。
しかも毎晩タイプウェル頑張って。
修行だ。
本当に新下駄は難易度が高い。
でもだからこそ、使えるようになった時の爽快感というか便利さは凄いんだけどね…。
仮名が行段で打てるTUTの方が明らかに取っ付きやすいし使い易いわ…。
仮名の配置まで最適化してるような漢直だと、本当にパニックになると思う。
ちょっと情熱というか、エネルギィ的に、また新配列っていう元気はないわ…。
ましてや、自分で配列作る人って凄いよね。
やっぱり色んな配列使ってて、それぞれに自分の不満ポイントがどうしてもあるわけで。
自分で使う用に自分だけのツボを押さえた配列を作るってのは、まあアリと言えばアリだよな、と思ったり。
一応、規則性のない仮名配列と行段系はバッティングしないはずなので合間合間で少しずつ新下駄を練習して思い出していってみようかな、と思ったりもするけど。
新下駄の配列を眺めると絶望感。
良く一回覚えたな、俺。
50音全部覚えて。
濁音、半濁音、拗音、自分で拡張した拗音。
100文字ぐらい?
漢直500文字以上覚えてるじゃん、とか思うかもしれないけど、全然違うんだよねー。
仮名配列の仮名を覚えるのと、漢直の漢字を覚えるのと。
覚えなくても変換しながら入力出来る漢直と、覚えないとその仮名自体が入力出来ない仮名入力と。
そういやモンハンをみんなと通信するためにLINEをiPod touchで始めたけど、フリック入力も慣れると物凄く早くなるね。
若い女の子で滅茶苦茶早い子とかいる。
人間の技術習得力って限界がない。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。