鳥はむレシピ 簡単バージョン


鳥はむ、美味しく出来たのでその後の話。
レシピ的にもより簡単に、美味しく出来たので覚え書き。
普通これ系のレシピには写真があるけど、めんどくさいのでなし。


鳥はむについてはこの辺りを見るとなんとなく分かります。
鳥はむの館
鶏ハムくらぶ
流れとしては、
1 砂糖を胸肉にすり込む
2 塩をすり込む
3 コショウをすり込む
4 ジップロックに入れて空気を抜き、冷蔵庫で二日寝かす
5 流水で洗って、塩抜き(出来れば1.5%ぐらいの水で迎え塩)
6 煮る→6~8時間放置
で、結構簡単。
でも、肉に砂糖、塩をすり込んだりするのがめんどくさい人向けにそこを省けるレシピ。
胸肉でいいけど、我が家はもも肉の方がコクがあって好き。
○1 麺つゆを水で薄める。ソバやソウメンを食べる時のつけ汁の濃さに。つゆの説明をよく読んで分量通りに。大抵、2~3倍。
○2 ジップロックに肉と麺つゆを入れる。肉が浸かる程度のつゆの量。好みで、にんにくを入れたり、適当に香辛料を。うちはあらびきのコショウを摺り込んでから麺つゆに投入したけど、面倒なら麺つゆ&肉だけで十分。
○3 ジップロックの空気を抜く。水を張ったボールに入れたり、ストローで中の空気を吸い出したりして、なるべく真空に近く。面倒なら適当でも大丈夫だと思う。なるべく空気を抜けば。冷蔵庫で2日寝かす。1日でも大丈夫らしい。ジップロックの空気を一生懸命抜いていないなら1日で。
○4 2日後、ジップロックごと肉が浸かるぐらいの量の水を鍋に張って沸かす。必ず沸騰させて、ジップロックごと鍋に。再沸騰したら、すぐに火を切る。なんなら鍋に入れてすぐ火を切ってもいいぐらい、多分。
○5 3~4時間放置。冷えたら冷蔵庫で更に1日以上寝かす。ジップロックを開けていないので、しばらくはもつらしい。
○6 1日後、取り出して切る。(゚Д゚)ウマー
物凄くハムっぽいものが出来上がる。ビックリ。
生ハムっぽい感じ。
塩をすり込んだり、塩抜きの行程がなくなるのでものすごく楽。
鶏胸の下ごしらえでこんなことをすると、多分もっと美味しくなる。
簡単♪鶏むね肉をやわらかく仕上げる方法
おつまみに最適。
是非一度どうぞ。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。