おちーんちーん!




ハロー!
ずっと広島の実家で暮らしてるあたいです。
パパンと喧嘩しておうちを飛び出して友達の家に駆け込んだりしていましたが、じゃあ埼玉帰れよ(笑)


家族の具合がわるいので、もう少しかかりそうです。
私とドリル之進が出没しない我が家の近辺では、嫁家出説などが実しやかに飛び交っていることでしょう。
いやあ、しかし、小学生の頃から将来の夢が、「家を出る」だったあたいには、長期実家は過酷だY・・・
最近ドリル之進は、「おちんちん」パーツと「たまたま」パーツを区別できるようになりました。
私からしたら、あんな不思議なものが体の外に出てるなんて不思議でならないのですが、大丈夫なの? あれ?
ちょっとしたことでダメージ受けそうじゃない?
サドルとか座れるの?
で。
お風呂で洗っていると、おちんちんを指差し、「これなんじゃい?」と言う感じで聞いてきます。
「おちんちん」、と答えてやると納得します。
また指差す。
「おちんちん。」
「違う!!」
「え?おちんちんでしょ?」
「違う!!違う!!」
「え?うーん・・・?? たまたま?」
「YES!!! It is!!!」
んー???
誰がこんなこと教えたんだ??
というか、そもそもおちんちんという単語もどこでインプットされたんだ?
「おちんちん」
「たまたま」
「おちんちん」
「たまたま」
お風呂で謎の合言葉が飛び交う秘密組織。
ドリル之進をお風呂に入れると妹がドリルを拭いて、服を着させてくれます。
「ドリルが今日ずっと股間を指差して私に『おちんちん』『おちんちん』言わせるんだけど、あれ、何?」
ああ、貴女、おちんちんとたまたまの区別がついてなかったのね。
納得しないからずっと言わされるのよ。
嫁入り前の乙女におちんちんと連呼させるとは、男は小さな時から変態。
流石、旦那の子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。