家二郎(鍋二郎)




ラーメン二郎なるものを皆さんは御存知?


「二郎はラーメンにあらず。二郎という食べ物なり」
という格言があるくらいに、孤高のラーメンを出す、ファンが多いお店。 だそうです。
しかしお高く止まった店ではなく、どちらかというと馬鹿寄り。(ファンの皆様ごめんなさい)
えー、どんな感じに馬鹿っぽいかというと、こちらの動画を見れば一目瞭然。
おおー、なんじゃこりゃ・・・。
量が多く、こってりしていて、好みによってオーダーの調整が出来、店によってローカルルールが多数(弟子の系列店やインスアパイア店が多くてかなり個性が出るそうです)、というちょっと一見さんには難しそうで、女子供も寄り付きにくい店、という感じ、のようです。
いや、学生街なら女の人とか結構多い店もあるみたいですけど。
ラーメン二郎に行ってみよう「これはラーメンじゃない!」
ラーメン二郎~新人種ジロリアン
おお・・・、ドリル之進がいるからラーメン屋さんなんて長いこと行ってないなぁ・・・。
広島に帰ってる間に、旦那さんは、あたいのマイミクのぱとさんに連れて行ってもらったらしいんだよねぇ・・・。
いいなぁ、こってり食べたいのぉ・・・。
と思っていたら、旦那さんがこんな動画を発見。
家で二郎、つくってみた
おお・・・、なんだこの頭の悪そうなレシピは・・・。
だがトキメク。
鍋二郎、というのは正確にはお店に鍋を持っていってラーメン入れてもらって帰って食べる事らしいけど、おうちで二郎風鍋をやる事を指す人達もいるらしい。
やるか、家二郎(鍋二郎)。
すると旦那が。
「これ、豚ブロックのダシしか出てねぇじゃん。あと、背脂じゃん。俺ちょっと、豚骨買ってくる。」
うわぁ・・・、ヤバイ、あれが始まる。
民家がラーメン屋さん地獄。
うちの旦那、定期的に豚骨を買ってきてはラーメンを作り出すのが趣味で、2日ぐらい煮込むので家が完全にラーメン屋さんの匂いになる。
換気扇でブリブリ周囲にもブリ撒くので、ご近所一帯新規オープンのラーメン屋さんが攻めてきたみたいになる。
というか、換気扇が壊れていたので、以前は家中がラーメン屋さんの厨房みたいになってた。
直したら、「ああ、こんなに空気って入れ替わるのか」って感動した。
買ってきたよ、豚骨。
あと、鶏ガラ、チャーシュー用豚バラブロック、野菜もろもろ、メンマ、煮玉子用の卵、極太麺(二郎は極太麺だってさ)、そして見たことが無い「桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油」。
なんじゃこれ?
初めて見た。
で、豚骨地獄が始まるわけですが、今回旦那さんはめんどくさかったらしく、圧力鍋の加圧マックスで3時間で切り上げました。(豚骨スープ作りで圧力鍋はあまり使わないらしい)
何か煮方や時間で色々あるそうですが、良く分かりません。
豚骨地獄が短いならそれでいいです。
ガス代勿体無いし。
先にチャーシュー用(というか煮豚?)の豚バラを引き上げて醤油ダレに投入。
並行して煮玉子を作って・・・。
仕込みが終わったのでラーメンを作れ、と。
おお!??
なんじゃこの脂っこさ!???
「二郎のラーメンは脂っこい」
背脂売ってないからラードを入れたそうです・・・・
それはちょっと違うんじゃ・・・?
既に鶏ガラと豚骨でギトギトだし・・・
まあ、いいでしょう。
二郎目指すんだしね。
動画を参考に味付け、盛り付け。
キャベツは前日の餃子の残り、半玉。
もやしは二袋。
多くね?
と思ったけど、
「二郎はそういうもの」
だそうで。
まあいいさ。余っても他のことに使えるしね。
最後に自家製のマー油を入れて完成。
写真ではわかりにくいけど、普通のラーメンではありえない量の野菜トッピング。
写真では醤油スープに見えるけど、白濁系の豚骨スープの作り方ではなかったからだそうで。
色は白くないけど、豚骨も結構濃い。
頂きまーす!!
うぉぉぉおおおおおお!!!!!  脂っこい・・・(゚´Д`゚)
半端ねぇ・・・
「二郎は・・・  」
そういうものなんですよね、ええ、はい分かってます。
ラード必要だったか・・・?
だが、うまい。
これはうまい。
色々ぶち込んでスープを取るとそりゃもう、うまい。
脂っこさも大量の野菜を食べるのに丁度いい。
まるで二丁拳銃のネタのように、丁度いい。
麺が邪魔なくらい。
ひたすら野菜を食す。
そして、桃屋のラー油。
これ、とても美味しい。
野菜にちょっとかけて食べると最高。
脂+油、だけど。
チャーシューも、未だかつて無いいい出来で素晴らしかった。
早めに煮込みから引き上げることで、プルプル感をキープさせたらしいのですが、しかしこのラーメンとは脂が喧嘩する・・・。
後日チャーシュー丼で頂くことに致しましょう。
しかし、あれだね。
ドンブリに盛っちゃうより土鍋に作った方が、自分のお皿に自由に盛れるし、トッピングも自由でいいね。
そして、是非、次からはラードは少量で。
近所で背脂売ってなくてよかった。
キロ単位らしいからね・・・。
キロ単位で背脂チャッチャとかされたら大変な事に・・・。
今度旦那さんに、自家製豚骨スープのレシピを書いてもらおう。
スープはもう一回分残ったので、いつもならカレー粉を使って豚骨ベースのカレーですが、さらに野菜を増やして麺を減らした、ラーメン二郎風野菜鍋、にすることにしました。
とにかく野菜がうまい。
次の日、残りをおじやにしたらまた素晴らしい味でした。
餃子→自家製ラーメン、でニンニクを摂取しまくったドリル之進は連夜の夜泣き。
ニンニクが効きすぎて、寝れなかったみたい。
ごめんよ、次からはチャーシュー麺ニンニク抜きだ。
あ、食べ終わったあとに旦那さんが、
「干し椎茸入れるの忘れた!!」
と叫んでました。
ああ、煮込みスープ系は干し椎茸必須だよね。
でも、買い置き切れてたしいいんじゃね?
旦那さんはいつもなんとなく作るから、大抵一つ何か入れ忘れる(笑)
あと、こういう人は死ねばいいと思う。
一応、家二郎レシピを公開しています。
良ければどうぞ。
家二郎(鍋二郎)のレシピ (圧力鍋を使った、結構適当な豚骨ラーメンレシピ)
家二郎(鍋二郎)のレシピ・改 (圧力鍋仕様・白濁スープで豚骨ラーメン編)
自宅で圧力鍋を使って博多風豚骨ラーメンレシピ(完結編・多分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。