トんでるエロ漫画


日活ロマンポルノというものがありまして。
エロ要素さえ入っていれば何撮ってもいい、という感じだったので、隠れた名作が沢山あるというお話です。
結構そこを土台に後々有名になった監督さんとかもいるそうで。
エロ漫画もそんな感じでエロさえ入ってりゃOKなとこがあって、だからたまに超絶ぶっ飛んだ話とかある。
エロ畑からメジャーに出てくる人も最近はかなり多くなってて、逆に最近のエロ系は絵が物凄っくしっかりしてるから、話作れる人は結構グイグイ登っていく。
もうエロじゃなくてもいいじゃん? と思うぐらいストーリーに凝ってる人もいたりして、色々不思議。
で、今回は個人的にぶっ飛んでてお気に入りのエロ漫画を紹介したいと思います。
画像は使わないし、話がぶっ飛んでいる、ということなので許して。
18禁にどうしても触れるようなら、バラバラにして、本日の1冊とかで少しずつ紹介していく。


師走の翁・のせわすれ
シャイニング娘、というマンガでスマッシュヒットを飛ばした人。知ってるかな。
モーニング娘全盛期に、明らかにモー娘。をパロったエロ漫画を描いて結構話題になりました。
その師走の翁さんの未収録作品を集めた単行本、だからタイトルが「のせわすれ」。
冒頭の「女教師中善寺綾乃の淫鬱なこれから」という話が最高にアホな感じで好きです。
設定は、レズっ娘で攻めの女教師綾乃さんが、付き合っている彼女のために頑張ってチンコを生やそうとする、という話です。
うーん・・・、なんか直接的過ぎて速攻アウトな感じだなぁ・・・。
では以降、男性の局部のことをボブ・サップと呼ぶことにしましょう。
男性と女性の行為をカルタ大会。
ボブ・サップ下部の袋をマガジン。
精液は神田川で女性の局部がオーロラ。
意味はない、思いついたから。
で、なんだ。綾乃先生がボブ・サップを手に入れる過程だ。
黒魔術でね、生やそうとするんだ、ボブ・サップを。
あはははー、面白いねー。
黒魔術を使う男子高校生に頼んでね。
で、ボブ・サップ生えるんだけど、不完全なんだ。生やしただけじゃ。
完全に自分のものにするために神田川を外から取り込まないと駄目なんだ。
黒魔術で生やしたボブ・サップにはマガジンが付いてないから。
んでもって、術者の神田川100発分取り込まなければ、自分のものに、真のボブ・サップにはなれない、と。
そういうアホな設定。
そんな訳で真のボブ・サップを手に入れるために、男子高校生との酒池肉林(二人だけなのに?)な日々が始まるわけです。
とにかく設定がアホで好き。
絵も、ちょっとクセがあるけどかなり上手いと思う。
普通に漫画として買って損なしだと思うけど、エロが駄目な人は勿論駄目だ。
師走の翁・精装追男姐
またまた連続で師走の翁さん。
この単行本は丸々一冊通しての話で、1冊で完結してる。
この話もバカで好きなんだけど、女の子3人と男の子1人が基本。
いつも女3人に苛められてる男の子がいるんだけど、ある日ボブ・サップが取れます。ポロン、って。
でも、もげても出血するでもなくなんでもなく。
しかもボブ・サップの切断面は、平面に付けるとくっつく。
そして、その状態で”使える”ようになる。
どこかの平面につけられると、ボブ・サップ部分の触覚などの感覚は男の子に直結してる。
とまあ、そんなよく分からない設定の元、男の子は苛められます。
自分のボブ・サップをいつもどこかに持ち歩かれて、まあ想像通りのろくでもない遊びに使われたり。
取れる→そのまま平面に設置すると使える
というワンアイディアが物凄く秀逸で、同じような設定って今までにもありそうだけど、深さが違う。
まあなんだ、アホなんだ。
勿論褒め言葉。
絵的にも話的にも、とても好きな作家さん。
余談だけど、師走の翁ってサンタクロースの事なのね。
エレ片で言ってるの聞いて初めて気が付いた。
山本雲居・マーブルケェキ
2つ目(実質)にこれが来てしまうことがどうなんだろう・・・。
アホなエロ漫画を色々考えてみたけど、結構取り上げにくいのが多かったりもにょもにょ・・・。
絵は可愛めでロリっぽい感じの描写が多いけど、話はちょっとぶっ飛び過ぎててどうだろう。
あまりにアホな設定が多くてそこが好きな短篇集なんだけど、女性の方が読んだりすると結構引くかも。
こんなの紹介するなんて、わっしゅ見損なった、みたいな事言われてもまあ言い訳できない感じなんだけど、あくまで作品として。
表現の自由。
内容に触れにくいけど、福引の景品としてもにゃもにゃ・・・とか、毎日トイレ当番というものがもにゃもにゃ・・・とか・・・。
発想。
とにかく着眼点は発想。
ロリ系の描写と振り切り度で、なんか目を付けられたのか叩かれたのか、活動がぱたっと止まってしまっている。
コミックスも中古でしか手に入らないね。
いいのかわるいのか。
祭丘ヒデユキ・レ研
3つ目(実質)の紹介でこれって、今回のエントリ駄目かも・・・。
えーと、ひたすら振り切った話を描く祭丘ヒデユキさん。
「まつりおか」まで入力しただけで変換候補として出てくるGoogle日本語入力に感服。
この人はネタ方向に振り切っていて、昔貼ったらヘヴィ兄さんに消されたこの画像の漫画を描いた人。
画像見ればわかるけど、まあ全編こんなノリ。
他にも有名な、メガネを取ったら不細工な女の子が美人になる漫画の画像とか、色々ネタを提供してる人。
絵的には往年のバスタード辺りを思い出す感じ? この画像見る限りは。
レ研って、学校のサークルの名前で女性に乱暴する事をサークル活動にしてるレ◯◯研究会、というサイテーな設定。
だけどそれをジャンプバトルマンガチックにとにかくアホに。
悲壮感とかそういうの一切なし。
でも、見損なったとか言われたらごめんなさい。
作品として。
着眼点が。
ぶっ飛んでて。
面白い。
TAGRO・変態生理ゼミナール
4つ目でこれか・・・。
意外に、ぶっ飛んだくくりだと紹介したいもの紹介出来ないな。
ただのエロ漫画レビューになってしまう。
4つ目はTAGROさんの変態生理ゼミナール。
これもぶっ飛んでる。
今まで紹介したもの、全部微妙に違う方向へぶっ飛んでる。
この漫画のぶっ飛び具合は、エロ漫画なのかどうか分からなくなるぐらいぶっ飛んでる。
まさに変態。
変態すぎてエロくないのだ。
おっぱいが4つあるとか、まあそんなの。
作者の方は普通の人なんだろうか? とか心配になってしまう。
とか思っていたら。
モーニングで変ゼミとして連載されているじゃないか!?
しかもアニメ化??
なんかすごい世の中だ。
アニメは見てないんですけど、どんな感じだったのでしょう?
とにかくね。
ぶっ飛んでる。
オススメとかそうじゃないとか、そういうことじゃない。
ぶっ飛んでる。
鳴子ハナハル・少女マテリアル
なんか突然普通の入れ込んできたね?
鳴子ハナハルさん。
かみちゅ!のコミカライズをしてた人。
まー、とにかく絵が上手い。
とにかく上手い。
上手すぎてエロくない、ともっぱらの評判だけど、エロいっちゅうねん!
みんな一体何を求めてんの!?
と、よく分からないヒートアップの仕方ですが。
話もちょっと凝った感じのもあったりして面白い。
観覧車のとか鳥のとかUFOとか。
中でも、短期記憶がもたなくなる女の子の話がとても好き。
萌えってどういうこと? って言われると、俺はこれだと思うんだな。
まあ、世の中の萌えの定義と違うけど。
絵もうまいし、ネームも抜群にうまい。
なんかメジャー畑で描いて欲しい気もするけど、この人はエロが一番読みたい気もする。
未収録のものにも面白いのがたくさんあって、フルカラーで未収録のシリーズとかかなり面白い。
あと完結してないネネっていうシリーズも好き。
エロいと思うんだけどなー。
話、絵、ともに買って損なし。
◯世徒ゆうき・ストリンジェンドアッチェレランド
世徒ゆうきさんの単行本からストリンジェンドとアッチェレランド。
ストレッタはちょっとあまり好きじゃないので外した。
これまた結構普通なのもってきたね。
この人は絵を含めて世界観かな。
描き込みとかかなり良い感じ。
ただ、上手いのに引きで全身像になると下半身がやたら短くなるのがなんか気になる。
この人は絵と話含めて、メジャーで見たい人。
ただストレッタで結構感じ変わったので、今どんな感じなのかがなぁ・・・。
良質な短篇集だと思う。
なんかこっから先は普通に好きな漫画の話になりそうだからここらで終わり。
小林王桂さんのやさぐれラバーズとかフクダーダさんは問答無用で好き。
どっちも空気感がいい。
キャラの関係性とか。
フクダーダさんはメジャー誌でラブコメとか見てみたいなぁ。
如月群真さんもだいたいバカな設定でいい。
そんなのあるかぁ? っていうご都合ハーレム設定がほとんだだけど。
あと如月さんも絵が上手いねぇ。
ぶっ飛んでるって、ほんとにぶっ飛んでて紹介出来なかったり難しいね。
昔エロ漫画の雑誌で超絶ぶっ飛んでるやつを読んで、あれをもう一回読みたい。
物凄くコマ割りが細かくて、1ページに20コマぐらいあって、何処かの基地か何かに潜入してミサイルとかで戦ってた気がする。
化物も出てたかも。
エロ要素はなかったと思う。
道満晴明さんの作品かな、と思ってちょっと探したことがあるけどそれらしいのはなかった。
あの漫画は何だったんだろう・・・。
このエントリが許されて、尚且つ画像が許されるなら各コミックスの表紙画像ぐらい使いたい。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

トんでるエロ漫画」への1件のフィードバック

  1. 記事自体は問題ないでしょう。画像はやめとこか(==;
    シャイニング娘と精装追男姐は、どこかで少し読んだ気がする。どこかというか、9割方某友人宅で間違いないだろうけど。会わなくなって、つきあいもなくなってしまったな、リーダー・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。