親指シフト用設定あれこれ


こんにちは、みなさん。
親指シフト使用中です。
慣れてきてちゃかちゃか打つようになって、間違いだらけで遅いです。
急いで打つのでガタガタ。
結局良くないタイピングの見本だよねぇ。


色々細かい設定を追加しています。
まず基本は、左手シフトが無変換、右がスペース。
で、無変換キーにIME側で(僕はGoogle日本語入力)設定を追加してやってて、「変換中・最初の文節を確定」と「変換前入力中・確定」を設定しました。
エンターキーに近い役割ですね。
無変換キーで改行まで出来るようにしてやろうと思ったのですが、改行は割り当てられず。
Change Keyでエンターキーと無変換キーを入れ替えて、左シフトをエンターキーに設定したりしてみましたが、同時打鍵で文字が出ない。(よく考えたらやまぶきの中の設定でキー入れ替えられたな・・・)
シフトキーとして認識される前に、エンターとして働く。
とにかく文字が確定されていく。
えらいこっちゃ。
次はCtrlキーと無変換入れ替えを試す。
Ctrlが押しにくいところにあるので、Ctrl+Sなどのショートカットがすぐに使えるようにCtrlを内側へ。
と思ったら、Ctrlは親指シフトキーとして設定不可でした。
でもホームポジションから手をなるべく動かしたくないので、取り敢えずCaps Lockキーをエンターにしてやりました。
これで改行もホームポジションを崩さず出来ます。
あとは文節を縮める・伸ばすをホームポジション周りに設定できたら、冬にこたつから出ないで暮らす人みたいな素敵なタイピング生活なんですが・・・。
あとはウィンドウズキーをCtrlにしてたり、「、」の隣を「:」にしてたり、BackSpaceの隣のEscを誤入力が多いからBackSpaceにこいつも変えたり。
あれ?
書くこともう終わっちゃった。
結局細かい設定よりも、正確にタイプできるかってのが一番重要なんだよね。
あと日本語は、変換にかける時間。
そこをどう効率良くしていくか。
自分が使い込んだ辞書じゃないとイライラするよね。
僕はWindows標準のIMEが未だに苦手。
それは文節を変えたりするときの操作性の問題なのかもしれないけど。
じゃあそこだけ設定変えればいいじゃん? とか思うけど。
共用のマシンなら標準設定変えると他の人に申し訳ないし。
自分用ならさっさとGoogle日本語入力入れてATOK準拠に変えたほうが早いし。
一通りNICOLA覚えたら、他のもっと効率がいいと言われているものに手を出してみようかなとか、漢直に手を出してみようかとか、専用キーボード買ってみようかとか色々思うけど、まあないな。
一番ありそうなのがまだ専用キーボードか。
ワイヤレスでしかも5000円ぐらいで(それでも僕には高いけど)なんとか出ないものか。
出ないだろうなあ・・・(´・ω・`)
1万5千円のキーボードは痛いわ。
ゲーム3本買える。
(とか思ってたんですけど、結局飛鳥配列を練習中・・・(´・ω・`) 蜂蜜小梅配列にも興味津々。人間何があるか分からんもんですねぇ・・・。)

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。