おやすみプンプン


前に書いたような気がするけど、僕は浅野いにおさんが好きです。
おやすみプンプン」という漫画がヤングサンデーで連載されていて、ヤンサン休刊後にスピリッツで連載しています。(確か)
これがまあ、あれだ。
クるんだ。
本誌でちょろちょろ読んでいて、これはやばいなー、いつか読まなきゃだけどこれはやばいなー、頭グラグラするなー、と思いながら避けていたわけです。


はてさて。
この度ワタクシ広島に引っ越して会社員になってしまいましたが。
会社の人が貸してくれました。
わーい、こりゃ困った、読まないと。
ありがとうございます、こんなにつかれた精神状態で読むと僕は大丈夫ですか神様マンマミーヤ。
覚悟を決めて読みましたよ、今4巻まで。
凄いね。
まさかこんなに凄いと思わなかった。
本誌で拾い読みしてたのと全然違う。
僕は漫画が文化だとかいう人達はあんまり好きじゃないのね。
漫画は漫画さー。
ポンチ絵ですよ。
文化に格上げされると歌舞伎みたいな感じになって裾野が広がりにくくなるんじゃないかと思ったり思わなかったり。
まあ娯楽ですよー。
で、プンプン。
読んだ単純な感想は、「文学」だなぁ、と。
文学。
ただのメンヘラ漫画じゃない。
つげ義春の流れを感じる。
あれ?こんな事って前も書いたような。
本誌で読んでた時に、「めんどくせー背景だなぁ、リアルだなぁ。」と思って読んでたけど、話と物凄くバランスがあってる。
表現したい世界観があって、そのために必要な表現に思える。
ただ単にやたらリアルな背景を描く漫画もあるけど、そうじゃないな、と思った。
こういうのって、本当に作者がどう思ってるのか謎だけど。
で、あとプンプン。
ああいう生き物かと思ってたけど違うのね。
表現なのね。
で凄いと思ったのが、ああいう表現にするとプンプンだけにしがちだと思うんですね。
でも、プンプン一族をぜんぶあれにした、ってのが凄い。
色々狙いがあってのことだろうけど、考えられる狙いどこに落とすなら、プンプンだけにしちゃいそうなんだよなぁ。
もしかすると、おじさんの話も連載前から考えていたのかもしれないけど。
どうでもいいけど、テレビ見ながらこれ書いてるけど、なんかしらんが剛力彩芽って苛つくな・・・。
ここ数年で一番驚いた漫画。
男子高校生の日常、暗殺教室の第一回目、それを上回る衝撃。
2巻ぐらいまで読んでみて欲しい。
合う合わないはあると思うから。

男子高校生の日常 1 (ガンガンコミックスONLINE)
山内 泰延
スクウェア・エニックス
わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。