双剣

MHW(モンスターハンターワールド)、まだやってるw

前回の記事から2ヶ月半も空いてるじゃん・・・でも、武器を変えて狩ってます。

HRもやっと200を超え、まだまだ楽しい(´∀`)

 

今作ではメインでガンランスを使っていましたが、さすがに飽きてきて色々と試しています。

前回の記事のあと、マム・タロトというエンドコンテンツ的なモンスターが来て、そのモンスターからゲットできる武器が色々と手に入りました。

中には作成武器よりも強いものが存在し、それらを試してみたくて振り回しているうちに、面白くなってきた感じ。

 

ランス、ライトボウガンなど、これまでもよく使ってきた武器をはじめ、ハンマー、双剣にも手を出してみました。

ちなみに、ガンランスも拡散4がついたものが手に入ったので、ひたすら撃ちまくりとかもしてました(´∀`)

 

で、中でも現在ハマり中なのが双剣。ガードもないし、リーチもないし、過去作では「勝手に乱舞でもしてろ」と言われて蚊帳の外だったのですが、使ってみると中々爽快。

「ガイラダガー・角」というマム・タロトから出る双剣は、作成武器「ブロスクラブII」とほぼ同様な性能で、「匠4」「無属性強化」をつけると、他の双剣とは段違いの攻撃力を得ることができます。

本当はスロットがある分、「ブロスクラブII」でいいんだけど、あのフライドチキンでも持ってんのかという見た目がねぇ・・・( ´Д`)

ま、それはさておき、スキルや煙筒で会心率をあげておくと、ピカピカ光りまくって、超気持ちいい!!

 

・・・と、ここまでは良かったのですが、

今作は肉質的に無属性一択と言われていたので、ボクはすっかりそのつもりで、この「ガイラダガー・角」をしばらく使っていたのですが、相手によってはどうも時間がかかる・・・

いろんなスレで、物理か属性かと議論が行われてるけど、結論は出てない感じ。

それで、ダメージシミュで色々と回してみたのですが、双剣に関しては無属性一択とも言えないように思います。昔から言うように、手数の多い武器、モーション値の小さい武器は属性攻撃のほうが強いのかもしれません。

それでも、フライドチキンは上位にいることが多いので、汎用性が高いことは間違いないでしょうね。

 

で、火は「ガイラダガー・蛮顎」、水は「ガイラダガー・泥魚」を採用し、雷は「迅雷」、氷は「氷炎剣ヴィルマフレア」、龍は「ラースプレデター」を作成しました。

「迅雷」でクシャルを狩ってみると、腹の下の潜ることも多いので、突進にひっかかることがあるけれど、あまり無茶をしなければ、意外と事故も少ない。討伐時間はぼちぼち。

「ラースプレデター」でナナを狩ってみると、双剣はすばやく動けるため、青い炎を避けるのも楽。氷>龍のようですが、ダメージシミュだと「ラースプレデター」のほうが少し強い感じ。討伐時間は結構速い。

双剣で斬ってしまいがちな腹などの肉質が、クシャルよりナナのほうが固いため、物理より属性のほうが効く感じなんでしょうね。

もう少し楽しんだら、他の武器もやろっと。

ヘヴィ

ヘヴィ について

当サイト管理者。デジタル物が大好きで、カメラとかタブレットとかウェアラブルデバイスとか色々と買い漁る夢を持ちつつ、貧乏という名の壁が立ちはだかり現実となっていない。てか、ケチだからきっと現実にはならない。最近は仕事に忙しいが、唯一モンハンだけはいつも弄ってるハンター系社会人w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。