comico(コミコ)と、漫画というものの今後について


comico(コミコ)というweb漫画サービスがあります。
僕はweb漫画サービスというものに昔から否定的で、これは紙の漫画に昔から触れてきたおじいちゃんの拒否反応なんだろうな、という事も感じているんですけど。
ただcomicoというサイトに大きな可能性を感じたのでその覚え書きと、今後の漫画界について少し。


最初に断っておきますが、これは僕が公人ではなく個人として覚え書きとして残すものです。
何か間違った解釈をしているかもしれませんし、とんでもない事を書いているかも。
その時にはすぐにでもご連絡下さい。修正いたします。
でも全体的に、comicoの宣伝になっている、と信じて書いています。
僕がweb漫画があまり好きではない理由は、web漫画というものが乱立して色んなサイトが出来ては消え、それに巻き込まれていく人達を見たからです。
お金が動くと、それに影響を受ける人が沢山出てくるわけです。
とりあえずやってみよう、これからはweb漫画らしい。という感じで乗って、そして消えてていった数多のサービス達。
個人のweb漫画サイトで好きなところも沢山あるんですけどね。
堀さんと宮村君
平穏世代の韋駄天達
胎界主
徒然チルドレン
などなど、面白い漫画が沢山あります。
でも商売としてやろうとした時にね。
サイトはそこで何らかの利益を確保しないといけないわけです。
雑誌だって大抵が赤字ですけど。収益の確保はコミックスの売り上げなわけです。
サイトはどこで稼げばいいのか?
無料で読める、コミックスでペイする、というやり方だとコミックスが順調に売れるようになるまで体力がもたない。
印刷、製本、配送という工程がなくなるためコストが抑えられ参入が用意に思われるが、売れる人気作を一から作らなければいけない、という事実は紙だろうがwebだろうが変わらない。
comicoは収益をcomico単体で求めていない。というこの一点が一番の強みだと思う。
今現在comicoからはコミックスも出ていて、その作品はかなり好調な売り上げのようだ。
だが、それだけで全体の経費をペイ出来ているとはとても思えない。
comicoは、自身のサイトに載せているコンテンツを、「人集めの手段」と割り切っている。
この会社の系列は色んなwebサービスを提供していて、人を集めてはそれぞれに人を流していく、という事を第一の目的としている。
これは体力のある会社でなければ出来ない事で、出版社には真似の出来ないやり方だ。
他に提供出来るコンテンツを沢山抱えている。
「これからはweb漫画らしい」ぐらいの情報で何となくweb漫画のサービスに入ってくるところとは違う。
そして次に凄いなと思ったのが、コマ割りがスマホに特化している事。
縦にコマが並ぶ。
ひたすら縦にスクロールすれば読める。
紙の書籍と電子書籍の売り上げは、来年には電子書籍の方が上回る、という試算もあるらしく、電子書籍というものにどれだけ上手く入っていけるか、というのはある程度重要な訳です。
そもそも紙離れだけが進んでいるわけでもなく、ゲームも売れなくなっている。
みんなの暇つぶしがスマホになってるんです。
だからスマホで見てもらう。
これは思いきった発想だけど、なかなか勇気のいる事だと思う。
縦スクロール漫画は個人web漫画にはよくある形だけど、公式で対応するのは難しい。
一つは、書籍化する時の問題が大きいと思う。
スマホに特化すると紙にしにくい。
ただここをcomicoは、セリフは別レイヤーで後から被せるという事でクリアしている。
要するに、後からコマの組み方自体を変更出来るという事だ。
書籍化する時に、普通の漫画のフォーマットに組み変えられる。(労力は必要だが)
ReLIFEという作品が単行本化されているのだが、これはcomico上では縦スクロールの作品だが、単行本収録に当たってコマ割り、ネームを組み直してある。
これはこれからのweb漫画のあり方に対しての、一つのアプローチだと思う。
comicoは週一の更新で、フルカラー、縦スクロールという形で毎週の原稿料が発生する。
週一カラーはきついが、一般の雑誌よりもページ数換算だと少ない。(きつい事に変わりはないが)
しかし人気がなければ契約も切られるだろう。
本連載の下に予備軍のようなグループもあり、そこは人気を取れば上の本連載のグループに格上げされるようだ。(つまりその時点から原稿料が発生するのだと思う)
pxiveにかなり近いと感じた。
読書の好みが、ダイレクトに反映される。
雑誌連載だと、編集の好みや、会議での編集部全体の総意のようなものに左右されて、面白いのに世に出なかった作品も沢山あると思う。
だがweb上であれば、連載本数という枠がない。
世にまず出す事が出来る。
これもまた、一つの大きなポイントだと思う。
今までの横開き、目線が右上から左下へ向かう漫画とは、漫画作りのロジックが大きく変わってしまう。(これは主にコマ割りの部分で、ストーリーやキャラ作リは変わらないはずだが、それでも多少の影響は受けると思う)
この形の漫画が多くなったとしても、上の世代はこのフォーマットに慣れるのは時間がかかるだろう。
それは熟練の作家程、そうだと思う。
下手をしたら漫画というもののあり方、捉え方、作り方が、上の世代と下の世代で別物になってしまうのではないかと。
何を大げさな、と思うかもしれないが、僕はそのぐらいのショックを受けた。
もうおじいちゃんにはついていけない世界だ……(´・ω・`)
ゲームボーイが出た時には、こんな小さな画面で白黒で、みんなやるの? と思った。
今では日本でのゲーム販売の主流は携帯機だ。(世界レベルで見るとガラパゴス化してんだけど……)
iPodが出た時は本当に驚いたが(音楽の聞き方が根底から変わった)、電話にした時はそれってどうなの? と思った。
でも今では僕もスマホ持ちだ。
音楽はレコードからカセットが出て、CDになり、データになった。
聞き方もだけど、販売の形態自体が変わってしまった。
アルバムを買わなくても好きな曲だけ買う事も出来る。
若い人は音質を気にせず、YouTubeだけで済ませる人もいる。
僕は最近「MusicBox」というアプリを落としてみたが、便利な反面、音楽というものに対する愛がうすくなるな、と感じている……(´・ω・`) (音も悪い……)
メディアとコンテンツと。全てが刻々と変化していく。
漫画は大きな曲がり角に差し掛かっていると思う。
手塚治虫以降、粛々と進んで来た漫画業界が、初めて大きな変化を向かえようとしているんじゃなかろうか。
どうなるかは分からない。
でも一つ言える事は。
この流れを読みきる事が出来れば、銭になる。
そして僕は。
それでもやっぱりweb漫画が苦手。

わっしゅばーん

わっしゅばーん について

ヘヴィとの腐れ縁。 元漫画家さんのアシスタント。 売れっ子さんばかりについてましたけど、僕は売れませんでした。 ストレス解消にとりあえずゲームを買う。積みゲーだらけ。 漢直使い。TUT-code。 モンハン引退。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。